沖縄カジノバカラのミニマム&マックスベット

沖縄カジノバカラのミニマム&マックスベット

沖縄カジノでは、韓国やマカオ、フィリピン、シンガポールなどのアジア各国のカジノ場と同じく数多くのバカラテーブルが設置されると思いますが、とくに先進国で観光資源が豊富で、高性能の商品や美味しいグルメが楽しめる日本にはたくさんの海外観光客が訪れ、他国よりもカジノを利用するお金持ちや富裕層もたくさん集まることが予想されます。

 
しかも沖縄は、とくに台湾人や中国人に人気が高い日本有数の観光地なので、沖縄カジノでカジノVIPルームがオープンした場合、想定している以上の中華系ハイローラーが殺到して会員権を取得しようとするかもしれません。さらに、これまで海外カジノで遊んでいた日本人の事業家や投資家、エリートビジネスマンたちが日本にプレイ拠点を移すことも考えられ、かなりの活況を見せることになりそうです。

 
そのため、全体的にバカラテーブルやデジタルバカラ、ライブ中継バカラのレートが、他のアジア地域のカジノ場と比較してハイレートになる可能性があると考えられます。少なくとも、同じ中華系観光客をターゲット層とするシンガポールのカジノ場やマカオの巨大IR施設内の大型カジノ場と同等レベルのレートでバカラテーブルが用意されるのではないでしょうか。

 

レートの具体的な数値としては、一般客が利用する平場で最高水準のベット額が設定されているシンガポールを例にすると、マリーナベイサンズカジノのマキシマムベットである約200,000SGD、ミニマムベット約50~300SGD、またリゾートワールドセントーサカジノのマキシマムベット約100,000~200,000SGD、ミニマムベット約100~200SGDほどであるので、沖縄カジノではこれと同等の水準か、さらに強気の高額レートで賭け金額が設定されるかもしれません。

 
また、日本の高品質なサービスやプログラムを求めて、これまでマカオやシンガポール、フィリピン、オーストラリアなどのVIPルームで遊んでいたハイローラーやホエールたち(日本人プレイヤーを含む)がこぞって沖縄カジノのVIPルーム会員になることが予想されるので、VIP会員になるための初回デポジット金額として最低300万円?1,000万円は必要になる可能性があり、プレイヤーによっては、1ベット1億円以上の超高額テーブルが複数割り当てられる状況にもなるのではないでしょうか。
 

ページ上部へ戻る