沖縄カジノルーレットの攻略法&必勝法パターン

沖縄カジノルーレットの攻略法&必勝法パターン

ルーレットは、ブラックジャックやポーカーのような理論的に勝利する確率を上げる方法は存在せず、ほぼギャンブルの性質を持つと言って良いと思います。

 
ただ、ルーレットは他のカジノゲームと異なり、様々な数字や数字グループにベットすることが可能で、それらの中には数学的に最も勝率が上がる「偶然か奇数」または「赤か黒」、あるいは「1~18か19~36の数字グループ」のどちらかに賭ける二者択一スポットがあり、このスペースに賭けることでバカラをプレイしている時と同じ2倍配当を得ることができます。

 
【ルーレットでベット可能なスポット】
1~36までの数字の1つに賭ける → 36倍配当
2つの数字に賭ける → 18倍配当
3つの数字に賭ける → 12倍配当
4つの数字に賭ける → 8倍配当
5つの数字に賭ける → 6倍配当
6つの数字に賭ける → 6倍配当
3つの列から1列を選ぶ → 3倍配当
12個の数字に賭ける → 3倍配当
18個の数字に賭ける → 3倍配当
偶然/奇数のいずれかに賭ける → 2倍配当
赤/黒のいずれかに賭ける → 2倍配当

 
もちろんこの方法であれば、バカラの攻略法・必勝法がそのまま応用できるので、2倍配当のスポットに賭ける方法はかなりオススメできます。
 
* ただし、通常バカラよりもマキシマムベットが低く設定されています。

 

また、その他にも下記のような攻略法・必勝法と呼ばれる手法が存在しますが、いずれも実際のルーレットテーブルで使えるとは言い難い机上の空論的方法なので、参考程度に頭の片隅に入れておくくらいでちょうど良いでしょう。
 

1. ディーラーに一定の法則を見い出す

ディーラーが投げ入れたボールのスピードや回転速度、ウィールに落ちる時の場所などを目視して、ボールが入るスポットを予測するという方法がありますが、そもそも1回ごとのゲームで、ディーラーがボールをどのくらいのスピードや回転速度で投げ入れるか予想することなど到底不可能であり、実際には人間離れした目力やリズム感がないとまず実行困難な手法であるといえるでしょう。

 
また、腕が良いディーラーは狙ったスポットの両隣り2つぐらいまでにボールを入れることができると考える人もいるようですが、一般のカジノ場で腕がたつディーラーを見つけるのがかなり困難であることを考えると、ほとんど考慮しなくて良いと思います。
 

2. ウィールに一定の法則を見い出す

ルーレットのウィールは非常に精密なゲームマシンで、わずかな振動や傷があるだけでボールが落ちる数字スポットを変えてしまうと言われているため、例えば出目に偏りがあるルーレットテーブルであると、一定の振動や傷がウィールにかかっていることが考えられ、その規則性が判明した場合は次回以降のゲームで出現する出目がある程度予測できると考えるプレイヤーもいます。

 
しかし、現実にはディーラーが投げ入れるボールの速度やスピードなども結果に少なからず影響してくるので、ウィールに一定の法則を見い出す方法でルーレットを攻略するのは至難の業と言わざるをえないでしょう。
 

関連記事

ページ上部へ戻る