沖縄カジノルーレットのルール/やり方

沖縄カジノルーレットのルール/やり方

ルーレットは、カジノゲームの中で最も歴史が古いヨーロッパ生まれのゲームです。

 
円形のルーレットウィール(回転盤)に投げ入れた玉が入るスポットの数字やカラー、グループなどを予想して賭けるだけのシンプルなゲームで、プレイヤーが覚えなければならないルールがないため、初心者プレイヤーが遊びやすいカジノゲームといえます。

 
また、ベットできるスペースが非常に多いので、様々な箇所に賭けることができるという面で何度も楽しめるかもしれません。

 

ルーレットウィールについては、1から36までの数字スポットと0、00の合計38個の数字スポットが存在しており、ヨーロッパタイプと呼ばれるルーレットウィールでは00スポットがない合計37個の数字スポットで構成されています。

 

一方、ゲームルールに関しては、1つのゲームテーブルに約7人のプレイヤーまで参加できるのが一般的で、参加プレイヤーの賭け金額が分かりやすくなるように、各プレイヤーそれぞれ異なる色のルーレットチップを使って賭けを行うことになります。

 
ルーレットチップは、通常のカジノチップや現金を使って両替が可能で、ゲームで賭けられたチップについては、そのゲームが終了するまでプレイヤーは触ることができないルールとなっています。

沖縄カジノルーレットのゲーム進行

1. チップが配布される

プレイヤーは、ルーレットテーブルを管理するディーラーから、自らが所有するカジノチップをルーレットチップに両替・交換します。
 

2. チップをベットする

プレイヤーは、球が入るウィール(回転盤)の数字スポットを予想し、ルーレットテーブル上の同じ数字枠にルーレットチップをベットします。この時、複数の数字枠に賭けたり、偶数や奇数、赤や黒など特定の数字グループにまとめて賭けを行うことも可能です。
 

3. ボールが投入される

ディーラーはウィール(回転盤)が回る方向と逆側に玉を投げ入れます。
 
プレイヤーのベッティングは、ディーラーが投げ入れた玉が数字スポットに落ちるまで行うことができ、その頃にディーラーが「No more bet」とコールするルールとなっています。

 
ウィール(回転盤)に玉が落ちた後、ディーラーは玉が入ったスポットに書かれた数字をコールし、マーカーをルーレットテーブル上の該当数字に置きます。
 

4. 勝敗結果

予想が外れたルーレットチップは回収され、次に勝ったプレイヤーにルーレットチップで配当が支払われます。(下記の表を参照)

 
ルーレットゲームを終了しテーブルから席を離れるプレイヤーは、ディーラーにルーレットチップを通常のカジノチップへ両替してもらってから席を離れます。

 

インサイドベット名説明配当
シングルナンバーベット
(Straight Bet)
38個中1つの数字に賭けること。
該当数字にチップを置く。
35倍配当+賭け金
ツーナンバーベット
(Split Bet)
36個中隣同士の2つの数字に賭けること。
2つの数字の間にチップを置く。
17倍配当+賭け金
スリーナンバーベット
(Street Bet)
36個中連続した3つの数字に賭けること。
3つの数字の最端にチップを置く。
11倍配当+賭け金
フォーナンバーベット
(Square Bet/Corner Bet)
36個中隣同士の4つの数字に賭けること。
4つの数字の交差点にチップを置く。
8倍配当+賭け金
ファイブナンバーベット
(Five Number Bet)
0・00・1・2・3の5つに賭けること。
0と1の交差点にチップを置く。
6倍配当+賭け金
シックスナンバーベット
(Six Number Bet/Line Bet)
36個中隣同士の6つの数字に賭けること。
2つある横1列の3つの数字列の最端交差点にチップを置く。
5倍配当+賭け金

 
アウトサイドベット名説明配当
イーブンマネーベット
(Even Money Bet)
1-18か19-36、奇数か偶数、赤か黒に賭けること。2倍配当+賭け金
ダズンベット
(Dozen Bet)
1-12、13-24、25-36の数字グループに賭けること。3倍配当+賭け金
カラムベット
(Column Bet)
ルーレットレイアウト上で縦ラインの数字グループに賭けること。3倍配当+賭け金

 

関連記事

ページ上部へ戻る