沖縄カジノの年齢制限(18歳未成年)

沖縄カジノの年齢制限

日本では、成人として扱われる年齢が20歳、未成年者は20歳未満の人たちのことを指しますが、海外ではカジノ場へ入場できるのが成人者であるケースが一般的なので、和歌山カジノでは20歳以上がカジノ入場が可能になり、20歳未満はカジノ入場ができないことになると考えられます。

 
実際に海外のカジノでは、ラスベガスやマカオは21歳以上、韓国、オーストラリア、ヨーロッパ各国のカジノは18歳以上がカジノ場へ入場できる状況です。

 

そして、もし未成年がカジノへ入場しカジノゲームをプレイした場合は罰金を課されるケースが多く、カジノゲームチップや獲得賞金はすべて没収され、悪質なケースでは懲役刑を受けさせる国もあるようです。

 
和歌山カジノでは、世界最高レベルの入場規制が行われることが予想されるため、間違って未成年がカジノゲームをプレイしてしまうような事態に発展することはほぼ起きないと思いますが、万が一未成年者がカジノゲームをプレイした場合は、一定期間か永久的に沖縄カジノへの入場ができなくなるかもしれません。

 

ちなみに、今後日本で成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる民法改正が行われる話がありますが、ギャンブル禁止年齢が民法改正に影響されることはなく、現行の20歳未満(未成年者)で変わらない見込みと言われています。
 

関連記事

ページ上部へ戻る