沖縄カジノのゲームの種類

沖縄カジノのゲームの種類

カジノゲームには、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラ、クラップス、シックボー、マネーウィール、ビンゴ、スロットなど様々な種類がありますが、沖縄カジノでは主に中国人やアジアの観光客に好まれるスロットマシーンバカラテーブルが数多く設置されると考えられます。

 
また、昔からあるカジノテーブルゲームよりも、ゲームセンターに設置されているような電子マシンで楽しめるクラップスやルーレット、さらに1人のディーラーに対して多数のプレイヤーがベッティングに参加できるライブバカラやライブルーレットなどデジタル技術を駆使したカジノゲームが主軸となるカジノ場になると見込まれます。

 

一方、現在の海外にある巨大IR施設の現状は、誰でも簡単に遊べることでプレイヤーからの人気が高く、カジノ胴元にとっても収益性が高いスロットマシーンがカジノの大半の面積を占めており、次にマカオの「インペリアルスタジアム」に代表されるようなライブ中継型のカジノゲームが場内の広いスペースを使って導入されています。

 
そして、多額の賭け金で賭博を行うプレイヤーが利用するハイリミットフロアや富裕層プレイヤーを対象にしたカジノVIPルームでは、多くのバカラ卓が導入されています。

 
これらの海外カジノ事情も考慮しながら、最終的なカジノゲームの種類と比率が決定されていくと思います。

 

なお、沖縄カジノで入りそうなその他のゲームフロアとしては、アメリカ人観光客や世界中のポーカープレイヤーがテキサスホールデムやオマハなどのポーカーゲームを楽しめるように、ポーカースターズ運営のポーカールームがカジノ内に入る可能性があります。

 
また、IR施設内か周辺施設にスポーツ関連スタジアムなどができれば、野球やサッカー、フットボール、各種オリンピック競技、さらに近年日本でもバブルといえるほど高い人気をほこっているeスポーツにベッティングが可能なスポーツベットフロアも、アジア地域では珍しく入るかもしれません。
 

関連記事

ページ上部へ戻る