沖縄カジノでビットコインを使えるのか?

沖縄カジノでビットコインを使えるのか?

2017年に世界中で巨大バブルを引き起こし10倍以上に価格を上げたビットコインは、数千と存在する仮想通貨の源流とも言うべき最もメジャーな電子データコインです。

 
ビットコインは、利用者監視機能と時空瞬間移動の技術を持つ「ブロックチェーン」システムが導入されていることで、各国の中央銀行のような機能を置かずに完全自動でお金が循環し、さらに外国送金する際に手数料を安く抑えられる点で、次世代の新しいお金として大きな注目を集めています。

 

しかし、2018~2019年時点で、仮想通貨はまだまだ為替変動が激しく価値が安定しておらず、お金として一般に流通するには様々な問題を抱えており、現状金融資産ではない電子資産として認識されています。

 
とくに、ビットコインは利用者が増加するにつれて送金速度が低下してしまうという欠点を持っており、発行枚数があらかじめ決められ、オンライン上でマイニングと呼ばれる方法で新規ビットコインを掘り起こすシステムになっている点で、金(ゴールド)と同じような性質があることが、金融資産とは言えない理由になっているようです。

 

また、ビットコインは仮想通貨を世に広めたコインとして、すでに通貨としての機能・役割を終えており、今後少しずつ価値を落としていく予測がされているので、沖縄カジノでビットコインが使えるようにはならないと考えられます。
 
* ただし、現在ビットコインで遊べるオンラインのカジノはいくつか存在しています。(当記事の最下部参照)

 

しかし、海外のとくに発展途上国では、仮想通貨が必要とされている国が多く存在しており、このような国で将来広がっていくと考えられる仮想通貨については、ひょっとするとクレジットカードや UnionPay のように、沖縄カジノで決済手段の1つとして採用されるかもしれません。

 
その他にも、中国やヨーロッパの一部の国などで国家が仮想通貨を発行したり、Google や Amazon に代表される大手IT企業が米ドル・ユーロなど現金と両替可能な仮想通貨を発行する計画をしている話もあるので、これらが実際に実現した時には、沖縄カジノでゲームチップを購入したり現金に両替したりする支払い手段として導入される可能性が考えられます。

 

★ビットコインで遊べる世界初のカジノ
≫ ビットカジノ(Bitcasino)の詳細はコチラ
 

 

関連記事

ページ上部へ戻る